株式会社共和キカイ

MENU

共和キカイの3つのこだわり

THE THREE COMMITMENT OF KYOWA KIKAI
共和キカイの3つのこだわり
  • 日本林業の貢献にこだわる。

  • 1

    日本林業の貢献にこだわる。

    共和キカイの経営理念の大きな柱は日本林業への貢献を掲げさせていただいております。
    日本にある豊富な森林資源を有効に活かす事と昔から国際競争に晒された厳しい市場で闘える事、この二つの課題をクリアできる製品を10年ほど前に開発しました。
    その製品、スーパー白山キャンターシリーズは、キャンターという端材部を先にチップにする西洋の合理的な方法と曲がりや大小様々な径級にランダムに対応できる日本の木取りに対応した和洋折衷のそれぞれの良い所を備えた日本市場に適した設備です。
    この経営理念につながる製品は国内のキャンター販売市場においてシェア率No.1を誇り、国産材生産に貢献しています。

    経営理念

経営理念

  • 1

    日本の山林を有効利用して頂く為、国際競争力があり且つ採算性が合う木材製品が供給できる機械設備及びサービスを提供し日本林業に貢献できる企業になる。

  • 2

    最新の機能と確かな品質を搭載した製品の一流、迅速、正確、真心のこもったサービスの一流、自律的で前向きな社員の一流、全てに一流を目指し皆様に愛される企業になる。

  • 3

    革新的な製品開発を要に、コスト管理の徹底と少人数生産の効率化を推進し、社員、取引先、会社に関わる全ての方により多く還元できる企業になる。

  • 4

    新しい間違えをすることを恐れない未知へのチャレンジ精神を歓迎すると共に、同じ間違えを繰り返さない原因追求と再発防止処置を徹底し全てを前向きな力に変える企業になる。

  • 製材機械にこだわる。

  • 2

    製材機械にこだわる。

    30年以上に渡り製材分野だけに特化して製造販売してきました。培った技術やノウハウはこれまで多くの特許を取得しています。
    最初は小さな製材加工機の搬送から始まり、その後看板商品であるSTR白山ツインリッパーを開発し、そして乾燥後の加工向けにムラ取り修正四面プレナーや原木製材機のスーパー白山キャンターを製作しました。

    多岐に渡る技術や経験を活かし原木の製材プラントやグレーディング装置を含む加工ラインまで幅広くご提案を承ります。
    機械本体だけのご提案から積込み装置やソーター等の搬送のご相談までお受けしております。

    沿革紹介

沿革紹介

1982年(昭和57年)
  • 金沢市直江野町にて創業・ワンマン仕分ユニット開発
1987年(昭和62年)
  • 名古屋国際木工機械展において自社ブランド製品STR白山発表
1988年(昭和63年)
  • 金沢市北間町にて(株)共和機械製作所創立
1989年(平成元年)
  • 資本金1,000万円にて増資
1990年(平成2年)
  • 石川県商工会連合会よりモデル工場に認定
1991年(平成3年)
  • 現所在地に本社工場新築移転・(株)共和キカイに名称変更
2003年(平成15年)
  • ムラ取り四面プレナーMTD-450開発・STR白山Z-1開発
2009年(平成21年)
  • 2009年 スーパー白山キャンター300 SHC-300開発 異分野連携新事業連携の認定
  • お客様の声にこだわる。

  • 3

    お客様の声にこだわる。

    お客様にとって機械設備は生き残りを掛けた大事な投資です。
    お客様の設備導入に関するご要望の声に可能な限り寄り添い、省人化や効率化による採算性向上や競合他社との差別化を図るお手伝いが出来ればと日々努めております。

    そのお客様のニーズに柔軟に対応するべく社員一同、機械組み立てをベースとして機械設計や電気プログラムができる幅広い視野を備えた多能工を目指しています。

    少人数ながらお客様の不具合に迅速に対応するべく、遠隔地からの対応やお客様のカルテをサーバーで構築し、情報共有を図り過去の履歴から誰でも対応できる体制を築いております。

会社情報

COMPANY
商号
株式会社 共和キカイ
代表者
今村 博史
所在地
〒929-0447 石川県河北郡津幡町旭山19番
TEL
076-288-5677
FAX
076-288-6545
事業内容
木材加工機械・製材機械 各種省力機械製造・販売
設立記念日
1988年5月
資本金
1,000万円
取引銀行
金沢信用金庫・津幡支店・北陸銀行・津幡支店